看護師転職に失敗しない為に

出産後の看護師の転職とは

看護専門学校や看護大学を卒業した人のほとんどが看護師として就職する人が多いと思います。看護師資格を取得し、定年退職するまでには様々な理由で何度か転職を経験したり、または全く違う職種へと転職する人もいます。看護師という職業は、ほとんどの割合で女性が取得している資格であり、精神的にも肉体的にも負担が大きく大変な職業であります。一生のなかで女性は結婚や妊娠、子育てを経験し、仕事をする人が多いと思いますが、看護師として就職している人も例外なく女性としての一生を過ごす人が多いです。結婚し看護師として勤務をこなすことは、子育て世代ではない年代の看護師は家庭と両立することができると思います。しかし、20代・30代の看護師は妊娠や出産を経て仕事を両立することは、家庭への負担も大きく、仕事をすることが困難な時期もあります。出産後の看護師の転職とは、第一条件として、子育てをするのに最適な職場を見つけ出し、次に勤務先・勤務内容が自分に合った職場をみつけることだと思います。私が最適だと思う出産後の看護師の転職とは、外来でのパート勤務、子供に負担にならない程度に勤務し、仕事と家庭を両立することが最適だと思います。これは、外来で勤務する看護師のほとんどの人が結婚し、子育てをしている人が多いからです。子育てをしているなかで、子供の急な発熱や体調不良などで勤務を休まなければならないこともあります。同じ境遇の看護師が多い職場では子供の体調不良や学校行事での休暇をとることに対して、お互い様という考えがあり、仕事が休みやすく、家庭への負担も少なく仕事に取り組むことができるからです。看護師の転職とは、生活背景にあった最適の職場を選択し、長く勤務する職場を探すことができることが最良だと考えます

Comments are closed.