看護師転職に失敗しない為に

子育て世代看護師の転職の重要ポイント

看護師という職業は、肉体的・精神的にも負担の大きい職業です。看護師の資格を取得し、何度かの転職を経験している人も多いと思いますが、その中でも子育て世代看護師の転職の重要ポイントは2つあると考えます。まず一つ目は子供に負担の少ない職場。どの職業をするにしても、子供への負担が全くない職場というのはないと思います。子供への負担の少ない職場とは、子供の急な発熱や体調不良で療養が必要であり、休まなければならない場合などに、職場やスタッフがイヤな顔をせずに休むことができること。学校の行事や参観などの際に、勤務希望が通り、行事等に参加できることだと思います。子育て世代の看護師の多くは、子供の教育に合わせて潜在看護師として家庭にいる人が多くいます。看護師不足といわれますが、子育てに合わせた就職先を見つけることができることが、看護師の転職の重要ポイントだと思います。二つ目に仕事と家庭を両立できること。看護師として勤務をしていると、勤務内に仕事を終えることができない場合があります。専業主婦という職業があるくらいですから、看護師勤務が終わってからの食事の準備や洗濯・お掃除など家庭での仕事をすることはとても大変なことです。勤務時間外になったから、夕食を作る時間がないから外食で、またはお惣菜で夕食を済ませることなどは、時々ならばよいと思いますが、頻繁にあると教育にはよくないことだと思います。また、風呂、勉強、就寝の時間が遅くなり、家庭・子供への負担も大きくなります。子育て世代の看護師の転職の重要ポイントは、子供や家庭に負担の少ない就職先を見つけることだと思います。

Comments are closed.